May 2013

サンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂内部-Inner Santa Maria del Fiore-

DPP_3569

ドゥオーモを登る最中に見える大聖堂内部。
う~ん、高い。

↓もしこの写真が良いと思っていただけたら、クリックお願いします。

↓Please click if you think this photo is good.↓  


<a href="http://photo.blogmura.com/photographershibou/" target="_blank" title="">写真ブログ PHOTO BLOG</a>


THANK YOU! 

クーポラ内部-Inner Cupola-

DPP_3567

クーポラの天井は一面、天国から地獄の絵。
一番上が天国で、中央が人間の世界、下が地獄


もしこの写真が良いと思っていただけたら、クリックお願いします。

↓Please click if you think this photo is good.↓  


<a href="http://photo.blogmura.com/photographershibou/" target="_blank" title="">写真ブログ PHOTO BLOG</a>


THANK YOU!  

ドゥオーモ-Duomo-

DPP_3563


フィレンツェで道に迷ったら、上を見上げてみれば良い
きっとジョットの鐘楼かクーポラが見えるから。
地図を持たずに街を歩くのも楽しいよ♪



↓もしこの写真が良いと思っていただけたら、クリックお願いします。

↓Please click if you think this photo is good.↓  


<a href="http://photo.blogmura.com/photographershibou/" target="_blank" title="">写真ブログ PHOTO BLOG</a>


THANK YOU! 

フィレンツェへ-Firenze-

DPP_3586

フィレンツェと言えば、この景観。
ローマの広すぎる街に疲れていたのでwこのフィレンツェの規模にほっとしたりしましたが
それでも見所はたくさん。
ウフィッツイ美術館を見たいのであれば、事前予約をお勧めします。
ものすごい行列で私は諦めました。

見たかったなぁ...ビーナスの誕生。



もしこの写真が良いと思っていただけたら、クリックお願いします。

↓Please click if you think this photo is good.↓  


<a href="http://photo.blogmura.com/photographershibou/" target="_blank" title="">写真ブログ PHOTO BLOG</a>


THANK YOU!  

イタリア鉄道事情-Railway situation in Italy-

DPP_4127

イタリアの鉄道事情
とはいっても、自分が事前に調べていった情報との乖離やら感じた事について

・チケットの打刻について
イタリアの鉄道駅には改札がないので、自分でチケットに刻印機で打刻しないと検札の時に罰金を取られます。
幸い、自分は打刻忘れはしなかったのですが、検札は必ず来るので打刻を忘れないように。
これはバスなどの他の公共機関でも一緒です。(バスでは1回検札はありませんでしたが、バレると最悪大使館に連絡される可能性もあるらしいので、必ずチケットを買って打刻をしましょう)
この打刻は、列車の発車時刻が記載された特急列車では不要です。(同じ電車は1本しかないから)

・イタリアの特急の等級について
イタリアの特急には1等と2等があります。日本の普通とグリーン車みたいな感じです。
ネットで見ると、2等は知らない人が自分の席に座ってたり、隣の人が遠慮無しに電話でしゃべってうるさかった。
なんて体験談を見かけて、出発前にはちょっと高いけど(だいたい€10~20位高い)1等に乗ろうと思ってたのですが
前日にチケットを買おうとしても1等は売り切れていて買えなかったです。
予定が分かりきっているのであれば、なるべく早く買うか、もう日本でネット予約して行くのが良いと思います。
それに、2等車両でも心配無用w
自分の席に誰かが座っていたら、チケットを見せて堂々と「ここは私の席ですよ」って言えばどいてくれます...たぶんw自分の時はそうでした。
隣の人の電話に関しては、諦めましょうwww
というか、イタリアでは電車だろうがバスだろうが全く気にせず電話しまくってるので、だんだん慣れますw気にならなくなるでしょうw
それでも嫌なのであれば、チケットを買う時に座席指定をしましょう。
1等車の座席の並びは1-2
2等車の座席の並びは2-2ですが、2等車の車両一番前と後ろの席は1-2の並びになっているので
そこを座席指定すれば、隣の人がいなく悠々と列車の旅を楽しめるはずです。


鉄道に関しては自分も結構、事前に調べて行ったけど
現地では違った事や発見もあったのでこの辺は後でまとめようかな。
質問などあったらコメントしてもらえれば答えますよ^^

本日はこのへんで


↓もしこの写真が良いと思っていただけたら、クリックお願いします。↓

↓Please click if you think this photo is good.↓  


写真ブログ PHOTO BLOG 
応援求む! please click here!
ギャラリー Garelly
  • 高見の見物
  • 象
  • For rent
  • クラシック
  • たらこくちびる
  • 小径
  • 母子
  • コンセントのなる木
  • クアンシーの滝
Amazonライブリンク
カテゴリー Category
S16へメッセージを送る?Message to S16
  • ライブドアブログ